本文へジャンプ
ここから上部共通ナビゲーション部分です
メニュー

HOMETTR-FAP と診断された方へ TOP > TTR-FAPと向き合う > 症状とつきあうには 唾液減少

症状とつきあうには

唾液減少

症状とつきあうための注意点と日常のケア

FAPとともにある生活を、快適ですごしやすいものにするために。
症状とつきあうための注意点と日常のケアについてご紹介します。

※症状がつらいときは、主治医や看護師、遺伝カウンセラーなどにご相談ください。

唾液減少

ひとりで悩まないで どうにかしたい唾液減少のケア

アミロイドが唾液腺に沈着すると唾液が出にくくなることがあります。唾液が減少すると、口の渇き・ネバネバ感、舌のピリピリ感といった不快感だけでなく、食べものが噛みにくい(咀嚼障害)、味がわかりにくい(味覚障害)といったことが起きる可能性があります。また、唾液が少なくなると虫歯になりやすくなるといわれています。
歯磨きなどで、口の中を清潔にすることを心がけましょう。水分が少ない食べもの(パン、クッキーなど)を食べるときは、飲みものを一緒にとって飲み込みやすくする、虫歯の原因になりにくい飴やガムで唾液を出しやすくする、唾液腺をマッサージしてみるなどの工夫を取り入れてみてはいかがでしょうか。
症状がつらいときには主治医の先生や看護師さんに相談してください。

唾液を分泌させるための具体的な対策アイデア

監修:柊中智恵子先生
熊本大学大学院生命科学研究部環境社会医学部門看護学講座臨床看護学分野 准教授

ここから下部共通ナビゲーション部分です

おすすめコンテンツ

遺伝や家族の相談どうすれば? 第1回

認定遺伝カウンセラーからのメッセージ
ひとりで悩まないで。まず、相談してみることがひとつの方法かもしれません

遺伝や家族の相談どうすれば? 第2回

臨床心理士からのメッセージ
自分の思いを、自分のペースで、自分の言葉で
-どんなことでも安心して話ができる、聴ける場所があります-

遺伝や家族の相談どうすれば? 第3回

認定遺伝カウンセラー(看護師)からのメッセージ
まずは、思いをお聞かせください
-患者さん、ご家族と共に病気に向き合い、寄り添うことが私たちの役割です-

気になる体調の変化がありましたら、主治医や看護師など医療スタッフにご相談ください。

わたしの体調記録シートを
作成する

トランスサイレチン型家族性
アミロイドポリニューロパチー( TTR-FAP )の情報サイト

TTR-FAP.jp

本サイトに掲載された健康情報は啓発を目的としたものであり医師等のヘルスケアプロバイダーに対する相談に取って代わるものではありません。
患者さんの治療に関しては、個々の特性を考慮し医師等のヘルスケアプロバイダーと相談の上決定すべきものです。

ファイザー株式会社

Copyright© 2018 Pfizer Japan Inc. All Rights Reserved.

ページのトップに戻る

ナビゲーションへジャンプ