本文へジャンプ
ここから上部共通ナビゲーション部分です
メニュー

HOMETTR-FAP と診断された方へ TOP > TTR-FAPについて知る > よくある質問

TTR-FAP について知る

よくある質問

監修:信州大学医学部 脳神経内科、
リウマチ・膠原病内科 准教授 関島 良樹 先生

Q

1

アミロイドーシスとは何ですか?

A

1

アミロイドーシスとはアミロイド(アミロイド線維と呼ばれる蛋白質)が体にたまる病気の総称です。 たくさんの種類がありますが、全身の臓器にアミロイドがたまる全身性アミロイドーシスと、ある臓器だけにアミロイドがたまる限局性アミロイドーシスに大きく分類されます。TTR-FAP(トランスサイレチン型家族性アミロイドポリニューロパチー)は全身性アミロイドーシスの1つです。

Q

2

末梢神経障害とは何ですか?

A

2

末梢神経(筋肉を動かす運動神経、感覚神経、自律神経)に起こる障害のことをいいます。運動神経に障害が起こると、筋力が低下したり筋肉がやせたりします。感覚神経に障害が起こると、しびれや痛みが現れたり、痛みや熱さ、冷たさなどの感覚が鈍くなったりします。また、自律神経に障害が起こると、下痢、便秘、排尿困難、立ちくらみ、汗が出なくなるなどの症状が現れます。

Q

3

TTR-FAPはどのような経過をたどるのですか?

A

3

TTR-FAPの発症は緩やかですが、その後、症状は徐々に悪化し、症状の範囲は足から手・腕などへと広がっていきます。感覚神経の障害が進んで足の感覚がなくなり、筋力が低下して歩行が困難になった場合には、車椅子を使用することもあります。そのため、TTR-FAPと診断された場合は、自覚症状の有無に関わらず、できるだけ早くから治療を始める必要があります。症状について詳しくは、TTR-FAPの症状をご覧ください。

Q

4

TTR-FAPにはどのような治療法がありますか?

A

4

遺伝子変異のあるTTRの95%以上は肝臓で作られているため、発症早期に肝移植を行うことが、病気の進行を抑える有効な治療法です。TTR-FAPによるさまざまな症状を緩和または軽減する対症療法も有効な手段です。また、遺伝子変異のあるTTR 4量体を安定させることにより、アミロイドの形成を抑えるお薬が使用できます。

TTR-FAPの治療法

1.肝移植:病気の進行を抑える治療法
遺伝子に変化(変異)のあるTTRの産生を抑える治療法

2.薬物療法:病気の進行を抑える治療法
遺伝子に変化(変異)のあるTTRの4量体を安定化する治療法

3.対症療法:さまざまな症状を緩和または軽減する治療法

Q

5

「遺伝」と「遺伝子」はどう違うのですか?

A

5

「遺伝」とは親が持つ特徴の情報が子へと伝えられていくことを指します。この遺伝の現象で主役を担っているのが「遺伝子」です。遺伝子は、あらゆる生物のさまざまな特徴の情報を記録しており、私たちの体はこの情報をもとにし、形作られています。一つの特徴が複数の遺伝子によって決められていることも、一つの遺伝子がたくさんの体の特徴や働きに関わっていることもあります。遺伝子にはいくつものタイプがあり、人それぞれ違うので個性や特徴が生まれるのです。

Q

6

遺伝子は病気とどのように関わっているのですか?

A

6

遺伝子の違いは、病気のなりやすさにも深く関係するといわれています。病気によって遺伝子の関与の大小はさまざまですが、ほとんどの病気の発症に遺伝子が関係しており、TTR-FAPだけが決して特別ではありません。また、「遺伝性の病気の原因になる遺伝子を持っている人」と「遺伝性の病気を発症している人」は同じではなく、原因となる遺伝子を持っていても発症しない人もいます。

Q

7

TTR-FAPの家族への遺伝の影響が心配です。

A

7

TTR-FAPは遺伝性の病気であるため、ご家族の中にも同じ病気をもつ方がいらっしゃる可能性があります。ご家族はTTR-FAPの遺伝子を持っていない場合もありますし、原因遺伝子を持っていても必ず発症するわけではありませんが、ご家族にもこの病気を知っていただくことにより、健康管理上の大きな恩恵を受けられる可能性があります。できるだけ病気のことをお伝えいただき、患者さんと似た症状がみられてきた場合には、神経内科を受診するようにおすすめください。

Q

8

遺伝カウンセリングについて教えてください。

A

8

遺伝性の病気であるTTR-FAPでは、将来やご家族への影響など、さまざまな問題に悩まれることがあると思います。数は多くはありませんが、遺伝に関するカウンセリングを受けることができる医療機関もあります。遺伝カウンセリングでは、遺伝専門医や認定遺伝カウンセラーから遺伝や遺伝子、遺伝子の検査結果、疑問や不安に思っていることに関してじっくりと説明を受けられ、今後の方針を決めていくお手伝いが受けられます。実施している医療機関など、まずは主治医にご相談ください。

Q

9

遺伝子検査を受ける場合、費用が高額になるのではないかと気になります。

A

9

TTR-FAPの疑いがある場合(症状がある場合)の遺伝子検査(遺伝学的検査)は保険収載されており、保険診療として検査が受けられます。詳しくは主治医にご相談ください。

Q

10

TTR-FAPの治療の参考になるサイトを教えてください。

A

10

難病情報センターのサイトをご覧ください。
http://www.nanbyou.or.jp/

ここから下部共通ナビゲーション部分です

おすすめコンテンツ

気になる体調の変化がありましたら、主治医や看護師など医療スタッフにご相談ください。

わたしの体調記録シートを
ダウンロードする

トランスサイレチン型家族性
アミロイドポリニューロパチー( TTR-FAP )の情報サイト

TTR-FAP.jp

本サイトに掲載された健康情報は啓発を目的としたものであり医師等のヘルスケアプロバイダーに対する相談に取って代わるものではありません。
患者さんの治療に関しては、個々の特性を考慮し医師等のヘルスケアプロバイダーと相談の上決定すべきものです。

ファイザー株式会社

Copyright© 2017 Pfizer Japan Inc. All Rights Reserved.

ページのトップに戻る

ナビゲーションへジャンプ