本文へジャンプ
ここから上部共通ナビゲーション部分です
メニュー

HOMETTR-FAP と診断された方へ TOP > TTR-FAPと向き合う > 症状とつきあうには 下痢

症状とつきあうには

下痢

症状とつきあうための注意点と日常のケア

FAPとともにある生活を、快適ですごしやすいものにするために。
症状とつきあうための注意点と日常のケアについてご紹介します。

※症状がつらいときは、主治医や看護師、遺伝カウンセラーなどにご相談ください。

下痢

ひとりで悩まないで どうにかしたい下痢のケア

家族性アミロイドポリニューロパチー(TTR-FAP)の方では、アミロイドが自律神経に沈着すると、消化器症状として、便秘、進行に伴い交代性の下痢と便秘、持続性下痢を起こすことがあります。
下痢を気にして、外出時に食事や水分を制限する方も多くいらっしゃいます。しかし、十分な水分を取らない場合、脱水症状を起こしてしまうことがありますので注意が必要です。
つらい下痢も、食事の工夫(脂肪や食物繊維の多い食品を避ける)や、対症療法(高吸水性ポリマーという薬を使い、お腹の中で、水分をゲル状に固めます)で和らぐ場合がありますので、主治医の先生にご相談ください。
また、下痢がひどいときは、トイレで起立性低血圧を起こすことがありますので、ゆっくりと立ち上がるように意識してください。

下痢の具体的な対策アイデア

監修:柊中智恵子先生
熊本大学大学院生命科学研究部環境社会医学部門看護学講座臨床看護学分野 准教授

ここから下部共通ナビゲーション部分です

おすすめコンテンツ

症状とつきあうには 発汗障害
遺伝と家族の相談 第1回
症状とつきあうには 下痢
気になる体調の変化がありましたら、主治医や看護師など医療スタッフにご相談ください。

わたしの体調記録シートを
ダウンロードする

トランスサイレチン型家族性
アミロイドポリニューロパチー( TTR-FAP )の情報サイト

TTR-FAP.jp

本サイトに掲載された健康情報は啓発を目的としたものであり医師等のヘルスケアプロバイダーに対する相談に取って代わるものではありません。
患者さんの治療に関しては、個々の特性を考慮し医師等のヘルスケアプロバイダーと相談の上決定すべきものです。

ファイザー株式会社

Copyright© 2017 Pfizer Japan Inc. All Rights Reserved.

ページのトップに戻る

ナビゲーションへジャンプ